国土交通省登録 小型船舶免許教習所
当日受付特設サイト

東京・横浜
小型船舶免許 更新センター

失効再交付当日受付新免許証交付までの流れ

  • カンタン
    4STEP
  • STEP1
    会場・日程の
    確認

  • STEP2
    当日の持参品を
    用意

  • STEP3
    当日、
    直接 会場へ

  • STEP4
    新免許証
    交付

STEP1 会場・日程の確認

会場・日程表 からお選びください。

WEB予約もできます
お申込み期限:WEB予約の場合は講習日の5日前まで

あらかじめWEB申し込みをしておくと、
会場での「身体検査申込書」「受講申込書」の作成が不要になります。

STEP2 当日の持参品を用意

当日の持ち物

1

小型船舶操縦免許証
  • ・ 紛失している方は、自動車の運転免許証またはパスポート
  • ・ 免許証を紛失している方は、あらかじめお電話ください。

2

証明写真(縦4.5㎝×横3.5㎝、6カ月以内撮影のもの)… 2枚
  • ・ 裏面に氏名を記入してください。
  • ・ 会場に証明写真機がありますので、会場で撮影可能ですが、大変混雑いたしますので、できるかぎりご持参下さい。
詳しい写真規格についてはこちら

3

受講料 合計(税込/申請代行手数料含)17,200円

講習費用 内訳

  • 受講料9,700円
  • 身体検査料800円
  • 免許証交付料(収入印紙代)1,250円
  • 免許証交付手続
    代行手数料(海事代理士)
    ※ご自分で手続する方は必要ありません
    5,450円

申請を海事代理士に依頼される方で、
現住所・本籍都道府県・氏名等に変更のある方 
別途1,000円 がかかります。

4

印鑑(認印)
  • ・海事代理士に免許証交付申請手続の代行を依頼する方。

5

本籍地記載の住民票
(1年以内交付のもの)…
 1通

住所・氏名など、免許証の記載事項に変更がある方

  • ・結婚等で氏名変更した場合
  • ・引越し等により住所変更した場合
  • ・市町村合併等により住所表記の変更があった場合
  • ・本籍地の都道府県を変更した場合
  • ・外国籍の方で、免許証の記載事項に変更がある場合は
    「国籍の記載された住民票」

6

メガネ、コンタクトレンズ、補聴器など
  • ・身体検査時に使用。

STEP3 当日、直接 会場へお越しください

窓口にて受付

受講料(講習費用)、必要書類を持参のうえ、講習開始時間の60分前までに直接会場へお越しください。

申込書類作成

次の方は、必ず事前にJEIS関東までお電話ください。
事前連絡がないと受講できない場合があります。

  • ・ 免許証を紛失している方

身体検査

身体検査に合格しないと、講習を受講できません。
眼鏡や補聴器が必要な方は、必ずご準備ください。

身体機能に障害のある場合は、事前にご相談ください。

検査項目/適性基準
  • 視力(眼鏡等使用可)

    両眼とも0.5以上、または、
    片眼のみ0.5以上の場合は、その視野が150度以上あること。

  • 聴力(補聴器可)

    5mの距離で話声語が聞こえること。または、
    話声語が聞こえない場合は、検査用の汽笛音が聞こえること。

  • 身体機能

    ・歩行、指先機能 等。
    ・過去の疾病の問診。

講習

講習時間:約2時間30分

〈講習内容〉
◯講師による講義ほか 
◯ビデオ視聴

STEP4 新免許証交付

受け取り方法は二通りあります。講習申込時にお選びください。

1.海事代理士に申請手続を依頼

・後日書留郵便で免許証をお届けします。

2.ご自分で運輸局へ申請

・講習終了時に申請に必要な書類一式を差し上げます。
詳細はこちら 申請方法(関東運輸局ホームページ)